忍者ブログ
2019/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「Alice the gibberish! 2」インタビュー公開
「IM」が送る大人気ドラマCDシリーズ『Are you Alice?』のWEB用CM&アリス・イカレ帽子屋による新規トークパートを収録したCM集「Alice the gibberish!」第2弾が発売決定!出演のキャストからコメント到着!!

img60_reno_gibe_1.jpg

アリス役 櫻井孝宏
イカレ帽子屋役 平田広明
――今回の収録の感想をお願いします。

櫻井:そうですね……アリス何処行った、みたいな(笑)。いつの頃からかCMを録る時に「本編のアリス」というものをまったく意識しなくなっていって…。初期の頃は、本編があってそれに基づいたCMというニュアンスでやってたんですよ。まあ、本来そういうものですからね(笑)。僕自身もこんな風になってしまった経緯や境目をまったく覚えてないんですが、「スピンオフ」というか、もはやこのCMが独立した形として根付いている状態です。これはこれで本編じゃねぇのかってぐらい(笑)。楽しいんですけど、でも今回改めて思ったのは、こういうくだけたものをやっているとシリアスなものもやりたくなるなぁって。甘いもの食べたあとしょっぱいもの食べたくなるじゃないですか。なので、次にどんなアリスと出会えるのか非常に楽しみです。本編も一層楽しみになりました。

平田:そうキレイにまとめられると何も言うことがない……櫻井君に先に聞くのやめない?

櫻井:(笑)

平田:ただ境目を覚えてないってのは、櫻井くんがそういう風にした犯人だからだと思うよ。徐々にキャラクターを自分のやりやすい世界に持ち込んでいってるんじゃないかなぁと。

櫻井:いやいや、よく言われるんですけど、僕はただの「実行犯」で「黒幕」は違うところにいるんですよ(笑)。アリスも僕も作家に操られているわけです。


――平田さんはいかがでしたか?

平田:さっき櫻井くんが言っていたように「本編とは違うアリス」ってベーシックなラインっていうのはきちんと出来ているんだけど、その中で帽子屋はずっとアリスにツッコんでるってワケでもなく、だらだらーっとボケているワケでもないですよね。ほら、今回みたいにやたらとハイテンションなままボケてみたりもして……非常に、辛いです(笑)。今回も勢いで帽子屋の中に二、三個変なキャラクター作っちゃった。


――「Alice the gibberish!」の1巻はアリスがボケで、2巻は帽子屋さんがボケなんですよ。

平田:あー。毎回1巻だけ作ってもらえませんか。

櫻井:(笑)

平田:いや楽しいんだけどね、たまにね、帽子屋、っていうか、自分はどっちが得意なんだろうって考えるんですよ。僕は……ボケ、なのかなぁ。ボケ……いや、ツッコむのも好きなんだよね。帽子屋は元々ツッコミ肌だし。なので、今後ジベリッシュで自分はどっちなのかを探っていきたいと思います。今回は帽子屋でボケられて楽しかったです。


――今回収録されるCMの中で印象に残っているものはありますか?

平田:藤原さんと僕でやっていたアリスのラジオって知ってる? 聞いたことある? かつて思い出話に華咲いたことあった? ……はい。そういうことです(笑)。でも櫻井君は完璧に覚えていると思います。

櫻井:えええ(笑)。あー……でも、猫の舌のざらざら具合を想像してぞわっとする会ってのは、なんとなーく、覚えているような……

平田:和彦さんですか。

櫻井:和彦さんと台詞あわせるの大変だったような……あ、でもこれ、なんか言い訳みたいになっちゃうんですけど、アリスの時って素に近いっていうか、僕が普通に会話をしているみたいな感じでさらーっと流れていっちゃうんですよね。アリスの部屋とか特に。だから内容を覚えているとか忘れているとかそういう次元の話じゃなくて、いわゆるアフレコ時のセオリーとか無視して僕自身の完全な気持ちだけで喋っていることが多いんです(笑)。

平田:もっかい同じニュアンスで、とか言われても絶対出来ないからね。

櫻井:はい、「そういうもの」の集合体です、(笑)。

平田:どれとは言わないけど軽い放送事故みたいになってたCMがあった気がする。

櫻井:(笑)


――今後「こんなCMをやってみたい」というものはありますか?

平田:この質問、インタビューと称してアイディアをパクろうって作家の陰謀を感じるなぁ(笑)。アイツそろそろネタ切れなんじゃねぇか、みたいな。

櫻井:(笑)

平田:でも採用されるなら真剣に考えようか。

櫻井:テレビショッピングみたいなのってやったことありましたっけ。ジャ●ネットアリス、とかいいじゃないですか。また適当なもの適当に押し付ける感じで(笑)。あとハリウッド映画級のカッコイイCMを無駄に壮大に作ってみるとか。

平田:え、嫌だよそのテレビショッピングのヤツ、また櫻井くんの早口についていかなきゃいけないんでしょ。

櫻井:(笑)じゃあハリウッドの方は平田さんで。ジョニーアレ的なので。

平田:いや僕はジャック・バ●アーをやります。

櫻井:全然違うじゃないですか(笑)

平田:いつもマシンガンだからたまにはオシャレでのーんびりとしたCMを普通に作るのとかどうよ。不思議の国探訪みたいな、ナレーション乗せてさ。

櫻井:『Are you Alice?』って渋くタイトルを言っちゃうような雰囲気ですね。

平田:いや、最後に「なんちゃってー!」ってやらないと。

櫻井:(笑)

平田:あとちょっと考えてたんだけど、アリスか帽子屋どっちかが突然犬になるってのはどうだろう。ソフトバ●クのCMみたいなの。 [ソフトバンク:SoftBank]

櫻井:いいですね。

平田:声だけだから犬になっているかどうかなんてわからないんだけど、そういうのにあえて挑戦するのがアリスっぽくていいんじゃない? ……っていうかどうするよ、次にCM録る時ここで話してたヤツまんまの台本渡されたら。ト書きに「帽子屋は白い犬です」って書かれてたら。

櫻井:ひどい(笑)。


――最後にアリスファンの方へメッセージをお願いします。

櫻井:アリスも本当に長いシリーズで、いわゆる「アリス玄人」の方もたくさんいらっしゃると思うんですが、今回のCM集もそんな耳の肥えた皆様が納得出来る一品に仕上がって……ってこれなんか、さっきのテレビショッピングのCMみたいになっちゃってますけど(笑)、でも皆様に楽しんで頂けるものになったんじゃないかな、と思います。今後アリスがどうなっていくのか気になりますが、皆さんの期待に応えてくれる素敵なお話を先生が作ってくれるはずです。今後の展開を楽しみにしていてください。

平田:まぁこういうCMとか、外伝ドラマとか、コメディが好きだよって人も多いかとは思いますが、あくまでも本編ありき、ですので。 CMを聞いてからっていうよりは本編を聞いてからCMに入ってもらって、あくまで本編を大事に……ってこれファンの方へとかじゃなくて僕と櫻井君に言ってるからね。

櫻井:(笑)

平田:そういったことを今後も二人できちんと確認しあっていこうぜということを、思いました(笑)。でも本編やったあとにこういうしっちゃかめっちゃかなのが出来るのはすごく楽しいです。皆さんも楽しんでください。ありがとうございました。


atv090508f01.jpg
PR
NOTICE
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 千の神隠し☆幻想廃人 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]