忍者ブログ
2019/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『グローランサーIV オリジナル・キャラクターソング・アルバム』
発売: 2005年5月18日

Growlanser01a.jpg

【INDEX】
01. 決めてね Darlin' ☆/ぴゅ〜れ☆(CV:かかずゆみ&豊口めぐみ&金田朋子)
02. アナタをひとり占め/レオナ(CV:釘宮理恵)
03. 流 星/クレヴァニール(CV:高橋直純)
04. Silent Dreamer/イライザ(CV:浅野真澄)
05. Blue Moon/ユニ(CV:かかずゆみ)
06. 最高のラストシーン/ピティ(CV:豊口めぐみ)
07. 微笑みのワルツ/レミィ(CV:金田朋子)
08. Stray Cat/ヴァレリー(CV:櫻井孝宏)
09. Everlasting Glory/アルフォンス&クリストファー(CV:高橋広樹)
10. 約 束(Remastering Ver.)/シルヴァネール(CV:園崎未恵)
11. Rising Sun(Instrumental)
12. SAILING/※合唱


原作爲03年發售的PS2遊戲
另外05年出的續作同梱還有一卷OVA(有空去找來看下好了w)

歌碟除去櫻井參與的兩首外整體質素也頗高
像《流星》《Blue Moon》《Everlasting Glory》《約束》都是良曲

關於《Stray Cat》
BK解説中提到這曲作爲ヴァレリー的印象歌
原本意圖是要營造出孤傲獨旅的野貓形象
結果因爲人設髮型緣故卻被說更像野狼(笑)
相當歡快的一曲倒是,不看歌詞根本聽不清唱得啥(←喂w)


Stray Cat

song: ヴァレリー(CV:櫻井孝宏)
words/music/arrangement: 芹沢和則


ただ風に吹かれたくなった 気のままに東へ向かった
心の隙間埋めるものが見つかるだろうか

名前も知らずに立ち寄った くすんだ景色の街だった
何故か今のオレには似合いの雲が覆った
そうさ何故か 何故か

泣き出した迷子のような 突然の通り雨
閉ざされたシャッター駆け込む軒下 薄汚れた猫の先客

ずぶ濡れで傷だらけ オレを射抜いた瞳のFlame
ずぶ濡れで傷だらけ たじろぎもせず見据えるPride
The Stray Cat's Proud The Way He Is

仲間入りの儀式は済んだ 隣に腰掛けてもいいかい
まるで2匹の野良猫のように映るだろうか

同じ匂いがすると言うの 同じ痛みがあると言うの
何故か今のオレを目を細め見透かしている
そうさ何故か 何故か

泣き止んだ迷子のように 雲間からの光
遥かな故郷に巡らす想い 忘却の日々を取り戻す

がむしゃらで泥だらけ 汗にまみれた明日へのScream
ひたすらに駈けただけ でも輝いた昨日のDream

どしゃ降りの日は流れ オレを醒ました瞳のFlame
夢破れ倒れても つけ入りもせず差し出すPride
ずぶ濡れで傷だらけ オレを射抜いた瞳のFlame
ずぶ濡れで傷だらけ たじろぎもせず見据えるPride
The Stray Cat's Proud The Way He Is
The Stray Cat's Proud The Way He Is

また風に吹かれたくなった 立ち去る背に一声鳴いた
心の隙間埋めるものは見つかるはずと
そうさいつか いつか
PR

無題

暑x,这个好像听过(打)也挺喜欢的(其实这个人已经记不清了……)
by kirimoya 2009/03/17(Tue)00:25:51 編集

無題

单曲肯定听过所觜D
全专辑的话如果需要我可以上传……
by 千 2009/03/17(Tue)03:40:41 編集

無題

可以給我 約束嗎?
我的MSN zero5121rx@hotmail.com

謝謝你
by 徐 超然 2009/12/19(Sat)19:16:23 編集
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧
NOTICE
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 千の神隠し☆幻想廃人 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]