忍者ブログ
2019/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドラマCD「わがままプリズナー」出演者感想コメント
有栖川ケイのDOKI DOKI突撃レポート!! ★櫻井孝宏編★ (わがままプリズナー)

morimori.jpg

●森川智之●(生沢恭介役)

僕の役柄は法定代理人ということで、櫻井君演じる梓の面倒を見ている役です。
おそらく僕の役は、秘書の鷹見に一番壁を作らずに本音が出せると思うんですよ。ふたりだけで切々と『実はこうこうこうだったんだ』と語るシーンがあるんですが、僕は喋ってて『ああいいなぁ』と思いました。あとはもう梓とラブラブなシーン(笑)。最初は、従属関係にあるんですけど、段々段々お互いが本当の純愛モノのように接し会える所があるんで、力を入れました。また、最近よくスタジオであうんですけど、櫻井君がいい感じで非常にやりやすいです。
sakurai_20090222045801.jpg

●櫻井孝宏●(柏木梓役)


――今回の感想をお願いします。

櫻井: 台本を頂いて初めに目を通した時の印象は『割とハードでシリアスなお話?』と思ったんですけど、二度三度読んで物語の流れとか、キャラ達の立ち位置を追っていくうちに、『あ、これは純愛ラブストーリーだ』と分かったんです。
で、そんな純愛物語の主人公である梓クンなんですが、不幸な出来事から自分の人生が激変してしまうじゃないですか。親が遺した借金の形に隷属を強いられてしまう。”隷属”なんて言葉、僕は知らなかったですから。すっごい辛いと思うんですよ、急にそんな事になったら。でも梓は、強いものに巻かれて受け身になるような事はなく、言いたいことはハッキリ言うし、しっかりしているし。
例えば、絡みの部分でも…何と言いましょうか……オンナオンナしてない。男だから当たり前なんですけど(笑)。ボーイズラブの受けキャラってけっこう女っぽい子が多いじゃないですか。ところが、くどいとは思いますが梓は”男”なんですよ。そんなところに好感が持てましたね。


――鈴村君とは初めてという事ですが、こういうボーイズラブ系での共演っていうのはないんですか?

櫻井: あるんですけど、直接的な絡みはなかったんですよ。喘いでいるところなんか見たこと無かったですね。で、この作品が初対決だったんで、お互いの第一声が『負けないぞ』『コノヤロウ!』みたいな(笑)。ちょっと緊張したんですけどね、僕は。
他にも紀章とか田坂とか福山とか……『コノヤロウ!』みたいなヤツらがいましたからね(笑)。僕と鈴村がやったサイドストーリーのリハ中に福山とかクスクス笑ってるんですよ。ま、僕も自分が出ていないお話で笑っていたんですけど(笑)。
実は僕、ボーイズラブ作品に出演することを意外だと思われていた時期がありまして……『こういうのやるんだ』ってよく言われてました。で、おかげさまで最近はこういうニーズが結構ありまして、森川さんにいたっては五回目くらいのお相手役なんですよ(笑)。全てのキッカケは菅沼が主役の『エグゼクティブボーイ』ですね。


――そうですね。当時初めてだとおっしゃっていましたよね。私もエグゼが初のボーイズものだったんですが、しょっぱなから様々な制約がはいって、とても大変だったんです。だからきっかけになったっていわれると照れますね(笑)

櫻井: ほぼ初めてで、収録終わって帰り際、緑川さんに『受け声だよね〜』って微笑みながら言われまして(笑)。『そうなのかな』なんて思っていたら、今になって『なるほどな』と。この手の作品に出演する回数が多くなったこと自体そうなんですが、出演作品の100パーセントが受けでしたからね。緑川さんの放った一言に運命を感じます(笑)。攻めも今日初めてでしたから。

――今お話にありましたが、ず〜っと受けの需要があって、で攻めはどうだったかな? と思いまして、たっぷりと伺いたいです。

櫻井: なんか、すごい…すごい逃げなんですけど、受けって攻めありき……攻めありきっておかしいな。上手く言えないんですけど……攻めが上手いと、乗っていけるな〜って思っちゃうんですよ。
で、今日、初の攻めを体験してみたところ……なんと言いましょうか……受けよりも無防備だなと(笑)。どちらかというと、受けより攻めをやっている方がスゴイ自分を出しているような気がして。


――自分と重ね合わせてみたりとか?

櫻井: こんなんなんかなオレ? とか思ってみたり(笑)。すごく恥ずかしかったですね。なんなんでしょうね? ”丸裸”にされた様な気分でしたね。

――これから攻めとか、出てくるんじゃないですか?

櫻井: 出てくるんですかね?

――そうすると。もうどっちもですね。

櫻井: そうですねぇ(笑)

――緑川さんって、たま〜に攻めもやられるけど、ほとんど受けじゃないですか?

櫻井: そうですね。僕一回だけ緑川さんに攻められたことがあるんですよ。『君は数少ないオレに攻められる男だよ』みたいな事を言われてたんで、やっぱりそうなんだぁって(笑)。
緑川さんと聞いたら『受け』ってイメージがあるじゃないですか。森川さんっていったら『攻め』のように。


――前に緑川さんに伺ったとき、やはり受けの方が楽だとおっしゃってました。『攻めは自分でいろいろ組み立てて、相手を導いていかなければならないけど、受けは乗ればいいので』とおっしゃってました。

櫻井: 同じ気持ちですね。まぁ、一回目っていうのもあると思うんですけど。聞いてると、森川さんとか上手いなぁって思うんですよ。内股になっちゃうくらいですもん(笑)。台本を追っていくうちに、自然と乗っけられているというか。で、乗っけられてしまえば、何も怖くなくなっちゃうんで(笑)。だから台本上に起こしてある言葉以外の、例えば息であったりとか、ちょっとした喘ぎであったりとかが、自然にポロッと漏れてくる。最近になってようやく分かり始めましたね、そういう呼吸が。初めは台本に縛られて『次はこの息で……』って律儀にやっていたんですけど、あんなのあって無いようなもんじゃないですか? でも『段取りはちゃんと踏まえなきゃ』と思い込んでいて、耳を研ぎ澄ましながらやってたんですよ。今のは4行目のここの『ハァ』かな? とか(笑)。
でも何回かやっていくうちに『あっ、雰囲気なんだ』と切り替えられた時があったんです。攻めのエスコートに頼っているのかもしれませんけどね。
そんなこんなで、攻めは大変だなと思いました。やってみて新鮮であったのは確かなんですが、ものすごく恥ずかしかったですね。


――役どころによって変わっていくんでしょうけど、今回の攻め声ってすごくセクシーでしたよ。

櫻井: 本当ですか? いや〜自然とああなったんで。

――茶化したり、おだてたりしながら相手を引っ張っていくのではなくて、色気で攻めていく感じがしました。

櫻井: 僕の攻めはああらしいです(笑)

――今後楽しみですね(笑)。きっと攻め役も増えてくると思うので。

櫻井: そうですか? 増えますかね? 行く先々でいろんな人の攻め方や受け方を聞いていて、勉強になることはなるんですよ。
今日は中原さんの受けを『おお〜』って聞いてみたり(笑)。この間は、堀秀行さんの攻めを聞いて『人によって攻め方違うんだなぁ』って思ってみたり。当たり前のことなんですけど、やっぱり攻めって素の部分がより出るんだろうなぁと。


――本性が……出ますか(笑)

櫻井: 少しくらいは出るんじゃないですか、やっぱり。ま、そこは役者なので全部とは言いませんが、無意識な部分がチラッと……(笑)。
今日も『オレは大丈夫なのか?』と、ワケの分からない軽いパニック状態に陥りましたけどね(笑)


――今日はありがとうございました。


(インタビュー by 有栖川 )




「わがままプリズナー」
発売: 2002年5月22日

wagapuri02.jpg


<登場人物&キャスト>

柏木 梓 (CV:櫻井孝宏)
生沢 恭介(CV:森川智之)
生沢 真琴(CV:鈴村健一)
鷹見 明 (CV:石田彰)
連城 聡史(CV:中原茂)
島村 雄三(CV:福山潤)


<CD内容>

VOL.1 わがままプリズナー
生沢 恭介(CV:森川智之)×柏木 梓(CV:櫻井孝宏)

VOL.2 わがままプリズナー サイドストーリー 生意気な遺伝子
生沢 真琴(CV:鈴村健一)×連城 聡史(CV:中原茂)

VOL.3 スペシャル付録その1
オリジナルショートドラマご主人様はクラスメート
千裕(CV:櫻井孝宏)×浅倉梁(CV:鈴村健一)

VOL.4 スペシャル付録その2
囁き風ラブ順列と組み合わせ
愛の言葉を囁き逢っているシーン
PR
NOTICE
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 千の神隠し☆幻想廃人 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]