忍者ブログ
2019/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

色鮮やかなアヤカシの世界再び… 櫻井孝宏さん独占インタビュー

t21185530897602.jpg

『働きマン』『のだめカンタービレ』など話題作が次々にアニメ化されているフジテレビ“ノイタミナ”枠の新番組『モノノ怪』。昨年放送された『怪〜ayakashi〜』からのスピンオフ企画にあたる今作ですが、第1話からそのクォリティの高さを存分に発揮しています。今回は主人公・薬売り役の櫻井孝宏さんに独占インタビューを行いましたので、その模様をお伝えします。
―――今回は『怪〜ayakashi〜』の中でも好評だった「化猫」からのスピンオフ企画ですが、前作から変わっている点、また櫻井さん御自身で変化していると思う点はありますか?

前作と同じスタッフが作っているので、制作に関して
大きな違いはないと思うのですが、あの独特な映像や演出は更に凄くなってますね。
薬売り自身は前作同じように演じています。淡々としているようで、
実はかなり言葉が揺れるキャラクターなので、妖しく神秘的な感じを出せればと思っています。



―――前作を含めて、好きなシーンやセリフはありますか?

薬売り自身は口数の少ないキャラクターですが、決めゼリフにもなっている
「皆々様の真と理、お聞かせ願いたく候」という部分は、歌舞伎の見得のような感じで好きですね。
『座敷童子』の次に『海坊主』というお話があるのですが、ゲストのキャラが濃いんですよ。
ビジュアルが濃い上に、さらに自由に役作りしていたので凄いことになっていました。
「薬売り、いらないんじゃないの?」みたいな(笑)
また、演出方法の1つなのですが、アイキャッチの部分にセリフがかかっているのが好きです。
CMに入ると、どうしても集中力が途切れてしまうのですが、緊張感が保てるように演出してあるのがニクイです。



―――新たに追加されるエピソードの中で気になるお話はありますか?

まだ全てのお話を収録していないのですが、これから登場するモノノケをいくつか聞いた中で、“のっぺらぼう”が気になっています。
たくさん存在する妖怪の中でも凶暴性があまり感じられないのですが、聞いた話だと薬売りが
今までで1番ピンチに陥るらしいので、今から気になっています。



―――今後別のエピソードが作られるとしたら、櫻井さんが出てきて欲しい妖怪・モノノケはいますか?

小さい頃に見ていたマンガの影響で結構知っているのですが、それこそ数限りなくいるので
無限に出来そうな気がしますね。スタッフさんは大変でしょうけど(笑)
あんまりマイナーな妖怪だと分かりづらいですけど、“雪女”とか“がしゃどくろ”あたりは
結構有名だし、お話も作り易いんじゃないでしょうか?



―――ファンの皆さんに意気込みの程を御願いします!

ストーリー上、恐い演出や残酷な映像、また、悲しくなってしまうお話もあると思います。
ですが、ただ恐いだけでなく、登場人物たちの人間ドラマやインパクトのある映像など、
確かな面白さがたくさん詰まっています。
夜も深い時間に放送していますが、見終わった後に少しでも恐がって頂けたら、
それが一番です。
老若男女問わず、たくさんの方々に見てもらえたら嬉しいです。



過去なのか現在なのか、何処か不思議な色合いと世界観をもつ『モノノ怪』。
その映像美の中にある“真”と“理”を、あなたも是非ご覧下さい。


(先備原文 OTL)
PR
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧
NOTICE
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 千の神隠し☆幻想廃人 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]